浜崎あゆみの大ファンでayuネタ中心ですが…絢香やCHAGE&ASKAの音楽ネタや旅行記等、日常の様々な出来事を自由にマイペースで書いてま~す!♪

プロフィール

ちきまく

Author:ちきまく
生まれてからず~っと大阪在住の社会人(男)です!
チャゲあすは「万里の河」から、あゆは「fairyland」から、絢香は「おかえり」から大ファンになりました!
ともにほとんどのCD&DVD(VIDEO)を持っていて、LIVEも常に参戦していますヨ!♪
特にあゆにはドップリで、携帯の各音はもちろん、目覚ましまで日常のすべてにayu's musicかかりまくり、聞きまくりデス(笑)
一人でも多くのファンの方々と交流したいので、気軽に話しかけてくれれば嬉しいデス!!
どうぞヨロシク~! (^O^)/

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

ayuファイナル&新曲キタ~!!

待望のayu両A面バラード・シングル発売決定!! \(^o^)/

☆「You were... / BALLAD」☆  【2009.12.16 in stores】
詳しくはココ!!
来た~!珠玉の『冬のバラード』
名曲=神曲に決まってる!!(^_^)v

しかし、ツアーファイナルのその日に発表&会場のみで先行予約受付とは!!(゜o゜)
今日、会場で早速予約した人も多いんかな?

今頃、ライブの真っ最中か~♪
今回はホンマに長~かったツアーやったから、ファイナルの盛り上がりもハンパないやろ~な♪
いや~、今、会場にいる方々は最高の想い出になること間違いなしやで!!(^_^)v

それにしても、ayuの愛犬、『ピノ&パピコ』♪
もうカワイ過ぎやろ~? アレはホンマに罪!! 

あの2匹が寄り添っている、抱き合っている写真は…もう…
あり得へんくらいにギガントカワユスお~!! \(^o^)/

これから『ボストンテリア』の人気、絶対に急上昇間違いなしでしょ!!(^_^)v
ついでに、よく似た犬種の『フレンチブルドッグ』もきっと人気度上がるおネ!? (^_^)v
スポンサーサイト
【 2009/10/22 20:25 】

浜崎あゆみ  | コメント(41)  | トラックバック(0)  |
<< やっぱり長居じゃなかったな~…。 | ホーム | 絢香♪活動休止前ラストライブ♪ >>

コメント

---  ---

…今更すぎるコメント(汗)。

You were...は、この前Days系予想と言ったけど…よく考えるとタイトルからして、それじゃ明るすぎるな(^_^;)
どっちかというと、Together When...に近い感じと予想(^O^)
そこに、Daysの雰囲気もプラスされたイメージ。
要するに、作曲は多胡氏と予想!!(笑)

BALLADは…
歌詞を読む限り…
walking proudのようなJEWELのようなSecretのような…。
あのサビと思われる歌詞を見て、walking proudが思い浮かんだのは俺だけですか?

つまり、湯汲サウンドと予想!!
…願望かって?
えぇ、願望入ってますとも!

NEXT LEVELに収録されなかった分、今度こそは…
今年は1曲も湯汲サウンド来てないから…
1年でいいから来てくれー!
ハマサキさん、お願いしますm(_ _)m
ロック  *  URL[編集] 【 2009/11/14 20:38 】
--- ヤッテシマッタ! ---

1年でいいから→1年に1曲でもいいから

失礼しまんた(^_^;)
ロック  *  URL[編集] 【 2009/11/14 20:40 】
--- >ロックさん (^O^)/ ---

『You were...』は切ない系のような気がするネ♪
うん、確かに多胡氏の可能性も高いかも?
『BALLAD』…あ~、わかる、わかる、その感想(予想)!
『walking prod』系やったら嬉しいよネ!(^O^)/
てか、ロックさん的には曲調はどうであれ、とにかく湯汲サウンド来てくれ~!!っていう、その想いにつきるよネ!(^_^)
そうか、今年はまだ皆無か…(゜o゜)
さあ、はたして誰か!?
詳細発表までドキドキやね…(^_^)
ちきまく  *  URL[編集] 【 2009/11/15 02:33 】
--- 一人で勝手に盛り上がってごーめんたむm(_ _)m ---

うん、やっぱり湯汲ファンとして、とにかく彼がどんな曲を生み出していくかは凄く興味深いから、とにかく湯汲曲来てくれー!って思いはある。
それに、彼の場合、他の作家と違ってザキ姉さん以外の提供がないから、ザキさんが採用してくれないと全くもって聴けなくなっちゃうからね~。
ま、とは言え、他の人が歌ってもザキさんが歌ってくれるのが1番だけどね!

ただ実際のところ、湯汲氏が作家陣に参加してから毎年、その年のザキさんの全曲で個人的ランクつけると、必ず湯汲サウンドがトップ3に入るんよねー!
他の好きな作家の殆どは好きなのが多いのは勿論だけど、これは今ひとつかな…ってのもちょこちょこあるけど、湯汲サウンドに関しては、特にミスアン以降はハズレなし!そういう意味で、彼を信頼してるってのもあるな。

2003年
1位 theme of a-nation2位 forgiveness
3位 Memorial address

2004年
1位 walking proud
2位 HONEY
3位 Replace
2005年
1位 (miss)understood2位 Will
3位 STEP you

2006年
1位 Secret
2位 momentum
3位 JEWEL

2007年
1位 (don’t)Leave me alone
2位 part of Me
3位 MY ALL

2008年
1位 GREEN
2位 Life
3位 Days

…ね、ほら!驚くくらい見事に湯汲曲ばっかのランクに!
てか、トップ3に入るどころか、いざ書き出してみたら殆ど1位&トップ3全曲そうっすね
自分でも驚いたわw勿論、湯汲サウンド以外にも好きな曲はあるけど…特に最近のは俺ん中では湯汲サウンドがずば抜けてるんだよねー!
初期では、菊池サウンド!
ちなみに、2005年の4位は、criminal、2006年の4位は、Startin’、2007年の4位は、Marionetteと…これまた、共通点!全部、原一博サウンドだった!
うーん、こうしてみると、分かりやすいなぁ…俺(笑)。

あ、今年の現時点でのトップ3は…←あくまで現 時 点
1位 EnergizE
2位 Curtain call
3位 NEXT LEVEL
さぁ!これが来月の新曲によって入れ替わりがあるか…?←多分、1位は入れ替わりある気がw
もしかしたら、大幅に入れ替わるかも?楽しみです!
ロック  *  URL[編集] 【 2009/11/16 20:45 】
--- >ロックさん (^O^)/ ---

これはまた「記事か!?」と思うほどの超大作コメ、まりがとうございます! m(__)m
そうやネ~、湯汲氏はもはやayuの専属作家みたいになってるから、ayu曲に採用されへんかったらなかなか他で聴ける機会がないもんネ~…(^_^;)
ayuファンでなかったら、湯汲氏っていう作曲家がいるってことを全然知らん人多いやろネ~…(^_^;)

うん、ハズレはないよネ~!ホンマに♪(^_^)v
おお~、スゴイ!ホンマに見事に偏ったランキング!!(笑)

ちなみに…ロックさんが挙げた各年のベスト3の中から無理やりmy best1をそれぞれ選ぶと…
2003年…メモアド
2004年…walking ploud
2005年…ミスアン
2006年…momentum
2007年…MY ALL
2008年…Life
2009年…NEXT LEVEL
って感じかな?
でも、どれも僅差、甲乙つけ難いネ♪(^ω^)
ちきまく  *  URL[編集] 【 2009/11/17 21:58 】
---  ---

ま、湯汲氏サウンドが「和」テイストが多いからってのもあるけど…上位に入った曲は、「和」テイストのが多いなぁ。やっぱり、日本歌謡が好きで演歌、フォークも結構好きだから、「和」テイストも好きなんだろーなー。
あ、2006年の1位が「momentum」って何気に意外だったかも?
JEWELが1位と思ってた(^_^;)
MY ALL,Lifeは予想出来たYO!
…実を言うと、ちきまくさんとPCでメールのやり取りをし初めた頃は、そこまで湯汲氏押しではなかったんだよね。あの時は、菊池&DAIが最高で、原一博氏が気になりだした頃でさ、あの頃はむしろ湯汲サウンドはどっちかというとあんまり…だったんよね!
メモアドは、あまりザキ姉さんぽくないってのと若干アコースティックな感じが好きじゃなくて、Momentsはあのゆったりとしたサビが苦手でね…。
HAPPY ENDINGもあの落ち着き感があんまり…だったしな~。
あの頃は、ラブピアみたいなこれぞavexサウンド!!が好きだったからね。基本的にあの手の落ち着いた感じの曲は好きじゃなかったんだわ。
じゃあ、いつ湯汲押しになったか?
全ての初まりは、しーーくれっと!!
まず、年末の歌番組で歌われたJEWEL。これが、今までの湯汲曲の中なら一番好きかも?ってくらい好印象でね。そして、もーめんたむ、しーくれっとがストライクゾーンでした!極めつけは、p!!
これで、完全に湯汲ファンになりましたー!
それから、今までの湯汲曲を最初から全部聞き直した。そしたら…、ちょうどその頃、某ZARD(←某の使い方間違ってる)を改めて聴いて落ち着いた曲を前より好むようになったことがあり、それまで苦手だったメモアドやMomentsへの苦手意識がなくなったんだよね!
メモアドの特にサビの独特の哀愁感が結構気に入るようになったし(受けとめられずに♪のとこ←細かい)、Momentsも、花の~♪のファルセットがふつーにいいなー!って思うようになって。この曲の持つ「和」テイストある独特の世界観のよさが分かったというか←偉そう
落ち着いた大人っぽい雰囲気がいいと思うようになったんよね。今年、NEXT LEVELなるものを発表し、新たな路線を取り入れたけど…メモアドやMoments、walking proudこそ、ネクストレベルだったんではないかと思う!
ロック  *  URL[編集] 【 2009/11/18 21:40 】
---  ---

それまでのayu曲らしさもありつつ、大人の階段を上った感じというか…。あ、別に某曲の歌詞引用じゃありませんw故に、それまでの曲より繊細さも増して、まぁこれは俺の好みだけど2001年~2002年の曲から思うと一皮剥けたなーって感じた。
やっぱ、新しいことに挑戦するのも大事だけど、いきなり今までと全然違うことやるんじゃなくてそれまでやってきたことを生かしつつ、そこに+α出来るといいんじゃないかな。湯汲曲以外でそう感じたのは多胡氏の曲。untitledは、Duty付近の曲に近いものがありつつ、新たな要素もあり…それは、今の浜崎あゆみだからこそ歌えた曲であると同時に、年齢を重ねたからこそ歌えた曲だったと思う。
ちなみにこの曲、一青窈っぽい印象受けたって意見見かけたけど、それ妙に納得したよ。確かに、ちょっと一青窈が歌ってそうな雰囲気あるな~と(^O^)
…話反れたけど(笑)こうして最初苦手だった曲もそれなりに好きになってたんよ。ま、でもやっぱ初期のより最近の方が好きだけどね!最近になるほど、新たに提供した曲の好き度上がってったのもツボの要因!
某ZARD(←だから某の使い方違ってる)の影響で2007年は、90年代王道J-POPに非常に凝ってたんよ。ミディアムアップテンポてさわやかだけど、どこか切なさもあり…。それまでのザキさんでいうとReplace。でもザキさんにはこういう系少ないよな…と思っててね。
そしたら…、MY ALL!!キタよ、これ!
しかも、90年代っぽさ+歌謡メロっぽさもあり…。自分のドツボであると同時に実にタイムリーだった!
更には、どんりぶ!!これも某ZARD(←某の使い方違ry)のアルバム曲にあったマイナーロックに非常に通じるものあってね。トーキン聴いた時、めっちゃツボ!って思ったけどテンポが惜しいというか…もうちょい軽快なのがいいなーと思ってたところに、ちょ!これまたキタよ!!もうね、素晴らしすぎたよね!
ってわけでこの曲、第一印象からドツボだったけど、それから演歌もちょこちょこ聴くようになって、そしたらこの曲のサビ演歌っぽいなーって思ってたから前より更に好きになりました!
…こうして、みるみる湯汲ヲタ(笑)になり今に至るw

…長っ!ほんとは、まりおねっとについても語りたかったけど今日は湯汲氏の話のみで!またしつこくウザ語りしにきまっす♪
ロック  *  URL[編集] 【 2009/11/18 22:10 】
--- >ロックさん (^O^)/ ---

これはまた超大作!!(゜o゜)
ロックさんが湯汲氏にハマッた経緯が詳しく記されてるよネ~!!
うん、そう言われてみたら…メールでやり取りするようになった最初の頃って、あんまり湯汲氏の話は出てなかったよネ♪
『Secret』からとは意外と遅いんやよネ~!!
でもさあ、歌手を好きになるのとコレは良く似てるところあって…
遅い時期にメチャ好きになった、ハマった歌手って、ホンマもんの大ファンになるよネ~!!(^_^)v
そうそう!好きになってから改めて昔の作品を聴き直したら…
あの頃は何とも思ってなかった作品、いやむしろ苦手だった、嫌いだった作品までもがスッゴク良く聴こえて、メッチャお気に入りになる、ってことあるんよネ~!!
いや~、ホンマにこの列挙してある、ロックさんの好きな湯汲曲って、『和テイスト』の強い作品ばっかりやよNE!♪(^_^)
しかし、湯汲曲は『和テイスト』たっぷりでありながら、懐かしさはあるものの、古い感じは全くなくて、スゴク広がりのある大きな世界観に包まれてるよネ~!♪
まあこれはアレンジャーの手柄によるところも大いにありやケド、元の曲自体が良くないといくらアレンジしてもアカンから、そこはやっぱり湯汲氏の作品のクオリティの高さ!やろネ♪(^_^)v
あ、2006年の1位「momentum」、意外やった~?(^_^;)
いやいや、これはホンマに超僅差!!
「JEWEL」とどっちも1位にしたかったんよネ~、ホンマに♪ (^_^;)
ちきまく  *  URL[編集] 【 2009/11/21 02:44 】
--- >ロックさん (^O^)/ ---

僕もコメ返長くなったから二つに分けてみた(笑)
「untitled」!コレは素晴らしい作品やよネ~!! これは確かに昔のayuなら、あそこまで心に沁み入る感動を与えられたか? 今のayuだからこそ!って感じやなあ♪
あ~、一青窈っぽい印象か~…
わかる、わかる!メッチャ似合いそう!てか、ホンマに歌ってそう!(笑)
「MY ALL」にはホンマに「参りました!」「やられた~!」「待ってました~!」と、とにかくもう衝撃的やったYO!♪
もう一瞬聴いて、即引き込まれて、即感動!! しびれたネ~!!
あれだけの瞬殺songは一年にそう何曲も出会えないレベルやよ、マジで♪
『ミディアムアップテンポでさわやかだけど、どこか切なさもあり…』
いや、ホンマにこの表現、ピッタリ!!
激しくギザ同意しますお!!(^O^)/

ハハハ、演歌まで聴くように!!(゜o゜)
ホンマにロックさんの守備範囲の広さは宇宙よりも無限大すな~!!(゜o゜)
ギガンティックに貪欲すな~!!(゜∀゜)
実はさあ、僕はその正反対?
高校、大学の頃はよく演歌聴いたり歌ったりしてたんよネ~!!
「五木ひろし」や「細川たかし」とかカラオケで歌ってたし(笑)
歌うことは一番最初は洋楽から入って、次に演歌、そこからニューミュージック系(もはや死語!笑)に移っていったんよネ♪
でも、今では演歌は全く聴かへんようになったなあ…(^_^;)
ちきまく  *  URL[編集] 【 2009/11/21 03:02 】
---  ---

そうそう、懐かしさがありつつ、斬新さもあるんだよねー。特に、Momentsやwalking proudはそう感じたYO~。SecretやGREENはアレンジ次第ではもっと古い感じになるかも?
和テイストじゃないけど、ミスアンのメロ部分はかなり歌謡曲的だよねー!

あ、momentum1位が意外って言ったのは、No wayが好きなだけにmomentumが好きってのは予想ついたし実際メールでも、めっちゃいい!って書いてたけど、あの時JEWELをかなり絶賛してたって印象が強かったから(^_^;)

ちなみに…。一青窈の代表曲「もらい泣き」「ハナミズキ」を作曲したマシコタツロウさんの楽曲って、なんとなくだけど多胡氏の曲と通じるものがある気がするんだよねー。メロディーラインが似てるっていうより…、その曲の醸し出してるものっていうんかな。地味さ加減とか。
ちなみに、この2人いくつか共通点があって、一つ目は出身地が似てるんよね!多胡氏は、群馬県。マシコさんは、茨城県。出身地が似てるから、楽曲の雰囲気も似るんかなーとか思ったり。
というのもね、untitled聴いた時、前に行った軽井沢の風景が浮かんできてさ。この曲、軽井沢にピッタリだなーって。
ま、軽井沢は長野だけど北軽井沢は群馬県だしね。やっぱり、通じるものあるんだろーなーって思った。
曲を聴いて、風景が浮かび、然も作者の出身地が思い描ける作品は良質だと思う。
だって、その人の人となりがにじみ出てるんじゃん? それだけ心から湧き出た音を体で表現してるってことじゃないかと思うんだよね。
実際、多胡氏の曲は心でメロディーを書いてるなーって凄く感じる。
あ、作曲者ってのは2タイプいると思ってて、心からメロディーを生み出すタイプともう一つは、ひたすら音楽というのを染み込ませ、技術的にクオリティの高い曲を生み出すタイプ。
ザキ姉の作家陣で言うと、一番感じるのはのび太かな。talkin’やEnergizEは凄く作られた感じするし。次に、原さんあたりかなー。
で、多胡さんの話に戻ると…。ここで、マシコさんとの二つ目の共通点。
2人とも、シンガーソングライターでもあること!
前に、ELTのもっちーが、多胡さんのメロディーは、メロディーが語りかけてくる感じがして、多胡さんも自身で歌ってるだけに、シンガーソングライター独特の何かを感じるみたいなこと言っててね。それ読んで、なるほどなーと思った。
ロック  *  URL[編集] 【 2009/11/21 23:15 】
---  ---

だからそういう意味でも、多胡さんの曲とマシコさんの曲ってなんとなく通じるもんあるのかなーと。
ちなみに、マシコさんはキンキにも何曲か書いてて、中でもサマルェカダスって曲がメロディーが語りかけてくる印象があった!
ちょっと、フォークソング的な要素を感じてね。それはuntitledにも感じたんだよね。
元々、フォークはシンガーソングライターが殆どだから、これもお互いが元々シンガーソングライターである故の特徴かもなーと思ったり。
あ、ちなみにマシコタツロウって、わざとカタカナで書いてる訳じゃないよ(笑)漢字表記にすると、増子達郎だそうです。でも「ますこ」って読まれるのが嫌だから、カタカナ表記にしたそうな。…ま、余談でしたが(^_^;)

ま、そんなわけでマシコさんの曲結構好きです。
一番好きなのは、↑で挙げたキンキの曲で、他には関ジャニのMy Last train、sinematic、一青窈では、メジャーでは、「もらい泣き」マイナーだと「大家(ダージャー)」「心変わり」「ドミノ」など。
あ、一青窈結構好きなんでw

…とここまで偉そうにダラダラと書いてきたけど…、あくまで個人的な主観と偏見によるものなんで(^_^;) いやー、今日はほんとは、今日はまりおねっとの話しようと思ってたのに(^_^;)
ちきまくさんの知らない作家ネタ持ち出してシマッタ!
この話だけで物凄く長文になってしまったんで今回はこの辺でどろんしますw

あ、五木ひろしの「よこはまたそがれ」は名曲だよね!
演歌で一番聴くのは、石川さゆりかな。メジャーでいうと「天城越え」「津軽海峡冬景色」「能登半島」は名曲だし、マイナーだけど「転がる石」って曲も好き。これ、一昨年紅白出場で有名になった、すぎもとまさとさんの曲です!
後「ホテル港や」って曲もほんと名曲!

あー、三木たかしさん亡くなっちゃったんだよなー…。
「能登半島」あらんに合いそうだから、書いて貰いたかったのになーw
しかし、他にも「つぐない」「愛人」「時の流れに身をまかせ」書いた人がアンパンマンマーチ書いたんだからなー。ギャップにやられた!昔のカリスマ作家はバリエーション豊富だよなー!筒美氏も、サザエさん書いてるし!

あ、今回はこれでどろんとか言っときながら…ごーめんたむ(^_^;)
また懲りずに来ます←もういいって
ロック  *  URL[編集] 【 2009/11/21 23:55 】
--- >ロックさん (^O^)/ ---

いや、JEWELはホンマに名曲、神曲やからmomentumとどっちも1位ってのが正しいかも…
やケド、基本的にアルバム曲がメチャ好きやから、ほぼ同等の場合はアルバム曲を上位にするのが僕のポリシーで…
ただJEWELもアルバム曲だけにこの両者の甲乙はホンマに難しい!!
ま、JEWELはあの時期、シングルなみにテレビで歌われまくってたから、準シングル扱いってことで…苦渋の決断(^_^;)

『曲を聴いて、風景が浮かび、然も作者の出身地が思い描ける作品は良質』…うん!コレわかるな! 同感やNE!♪(^O^)/
風景が思い浮かぶためにはもちろん詞によるところも大きいんやケド、詞じゃなく、曲やアレンジによって風景が浮かんでくる、って作品確かにあるもんネ♪
特に最近は内面の心理を描いた詞が大半やから、詞自体にあまり風景を連想する言葉が使われてない作品が多いなかで、曲やアレンジで風景を連想出来る作品って素晴らしいよネ~♪

『untitled』で軽井沢!!
それ、メッチャわかるし!!(^ω^)
それ、ホンマ僕もメチャ感じたで~!!(^O^)/
たぶんそんな感覚持った人、他にもきっとたくさんいてるハズ!!(^_^)v
ちきまく  *  URL[編集] 【 2009/11/23 18:27 】
--- >ロックさん (^O^)/ ---

今回もロックさんの人並みはずれた守備範囲の広さ、知識量の豊富さが発揮されてるネ~! (゜o゜)
「一青窈」だけにとどまらず、その楽曲提供者「マシコタツロウ」氏まで、そんなによく色々と知ってるとは!!(゜o゜)
いや~、いつもながらホンマにロックさんには脱帽やで…(^_^;)

「五木ひろし」では『愛し続けるボレロ』が飛び抜けて好き♪(^ω^)
これ、シングルやケド、たぶん知らん人の方が多いと思うな…(^_^;)
決して代表曲じゃないしな~…(^ω^;)

「石川さゆり」とは、これまた渋いですな~!(゜o゜)
「天城越え」と「津軽海峡冬景色」、これは妻が(年配の人とカラオケ行った時に)ごくたま~に歌うお(笑)

演歌の作家までこんなに語るとは、もはや向かうところ敵なし、やな~♪(^_^)v
ちきまく  *  URL[編集] 【 2009/11/23 18:40 】
--- 管理人のみ閲覧できます ---

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  *  [編集] 【 2009/11/25 22:36 】
---  ---

おー!untitledで軽井沢が浮かぶ件で同感コメントがくるとは!
正直驚いたけど嬉しいYO(^O^)
彼女って、よく日本のマドンナ的存在って言われるけど、まぁ分からなくもないけど、俺はどっちかというとそれは安室ちゃんのが的確かなーと。
ザキ姉は、一見華やかだけど影があるよね。ルックスも声も。やっぱり、博多出身だからかな。いい意味で凄く日本的というかそういう自然な場所が似合う声質だと思うんだよねー。
博多と軽井沢は違うけど、そういう意味でも、この曲とザキ姉との相性はいいのかな、と。

「愛し続けるボレロ」は聴いたことないから、今度チェックしてみるね
いやいや、演歌の作家はそんな詳しくないけど、有名なのは前回も書いた三木たかし、杉本真人、後は、弦哲也、岡千秋、原譲二、猪俣公章あたりかな。
現時点では、弦哲也さんの曲が好き!
石川さゆりの「天城超え」「ホテル港や」もそうだし、独特の哀愁感がいいんだよねー!
吉幾三なんかは、自分で書いてるしねー。
オラ東京さ行くだぁ~♪あの曲のイントロ間違いなく俺ん中でベスト5に入るわ!にしてもこの曲面白いよなー。散々、田舎は嫌だ!って言ってんのに、最終的には銀座でべこ飼うだぇ~♪だもんねwリアルだよねー。都会に憧れつつも、田舎から逃れられないという。
ロック  *  URL[編集] 【 2009/11/25 23:19 】
--- >【 2009/11/25 22:36 】コメの方 (^O^)/ ---

これは貴重な興味深い情報をどうもありがとうございます m(__)m
あ、あのとき収録スタイルの変更は確かにありましたよネ!
そうそう、荒れてましたっけ…(^_^;)

後半の話題も興味深いですネ~♪
なるほど~、その曲をシングルとして聴いてみたかった気もしますネ~♪(^_^)
ちきまく  *  URL[編集] 【 2009/11/28 03:26 】
--- >ロックさん (^O^)/ ---

いや~、僕もビックリしたよ、ロックさんとイメージが見事一致して(^_^)v
軽井沢のイメージするのなんて僕の他にはあんまりいてないやろな~、自分が変わってるんやろな~、って思ってたから、ロックさんのあのコメを見てビックリしたYO!(゜o゜)

ハハハ!『演歌の作家はそんな詳しくない』って…(^_^;)
それだけスラスラと何人も名前出てきたらもうお見事!!やで…(^_^;)

う~ん、どこまで貪欲かお、ロックさんは…(^_^;)

吉幾三まで出てきましたか!!(゜o゜)
やっぱり歌詞に鋭く反応するあたりがロックさんやネ!(^O^)
ちなみに吉幾三では『雪國』はよくカラオケで歌ったなあ…(^O^)/
『酒よ』とかネ♪
ちきまく  *  URL[編集] 【 2009/11/28 03:36 】
---  ---

さて、ずーっと書こうと思ってたまりおねっとについて!
後、原さんとDAIについても触れたいと思いまっす。
新曲出てからにしよっかなと思ったけど…予習というか書いてるうちにテンション上がって更に新曲に対するモチベーションも上がるんでwそれに発売前のコメントと実際新曲を聴いた後でのコメントを見比べたいというのもあるんで。

あ、前書きで既に長くなってるんで本題へいきます(^_^;)
まりおねっとは、前に書いた個人ランクのトップ3に入らなかったもののかなりつぼったーです。
アレンジのダークさがロック寄りではあるものの歌謡曲的要素も凄くあるからねー!!
そして、何と言ってもあのメロディー!特にAメロ!!
思い出はいつの日も♪の「日も」の下がり具合はまさしく歌謡曲王道!!
歌謡曲の何が好きって、この王道メロが好きってのが要因なんだよね~。
後、サビの直前やサビのラストでよくメロディーが上がってくじゃん?あれが好き。例えば、山口百恵の「ひと夏の経験」愛は尊いわ~♪
郷ひろみ「あなたがいたから僕がいた」心の支えをありがとう~♪
太田裕美「ドール」横浜ドール~♪
など。
で、ザキさんの曲でこの歌謡曲界の原理?に当てはまるのがあって…
それがまさしくF!!海へひとり来てるよ~♪
ここがもうね、ネ申!!としか言いようがないね!
あ、後ぐりーーんも歌謡曲ってよりかは演歌に近い感じがするけどラストサビの伝えようか~♪って上がる所がめっちゃ好き!!
あ、話反れたけど(^_^;)
日も♪に通じる下がり具合は俺の最も好きなメロディーの中の五本の指に入るくらいつぼったー!!
ほんと、まりおねっと、えふのAメロは俺の音楽漬けの生活の集大成と言っても過言ではないです。特に、えふはこれ聴いて自分昔の曲が好きだって確信したくらいだから原点!
まりおねっとはファンになった後の曲だし。
好きな音楽は?とかそれの魅力は?と聴かれたら説明代わりにでもなれる曲がその当時、新曲で聴けたからひたすらかんどーしましたYO!

ま、そんなわけでまりおねっとはやべぇぴょんだしこれを作った原さんにも万歳です
ロック  *  URL[編集] 【 2009/12/04 00:57 】
---  ---

原さんの曲は、メロディーが自分の好みなのも勿論多いけど、つぼったーってほどじゃなくても全体的に曲の完成度が高いなーって思う!
Born To Be...は、小室サウンドとポップスが上手く組み合わさってて非常に華やかなのが印象的。
上手く組み合わさることによりその曲のオリジナルなジャンルを切り開けるけど、組み合わさってないとダメなんだよね~。あ、前にみらーくるが苦手って言った時に料理を例に出したことあったでしょ?あれの逆パターンがまさにBorn~♪
すぱーくるも最初聴いた瞬間は「…これって安室ちゃん系似非洋楽か?」って思ったけど、それよりかは日本人向けに作られてて日本的な分かりやすさがあり、普段こういう系統に苦手意識のある人でも入りやすくなってると思われ。
それと、他の同じ部類の曲と比べても原さんの曲はキャッチー故にインパクトがあると思う。
すぱーくるで言うと、おるたなが同じ系統だと思うけど、個人的にはおるたなより断然クオリティ高いと思うんだよねー。この2曲は俺の好きなジャンルではないけど、おるたなはあまり好きじゃないな…っていう印象から今も全然変わってないのに対し、すぱーくるは好きな曲調ではないものの、あの曲のキャッチーさ故のメロディーの完成度には惹かれたもん。
この他にも、ぐれーとふるやJuly~は好きじゃないけど、ぐりったーは苦手意識ないって言ったのも、ぐりったーは↑で挙げた曲に比べて完成度が高いと思ったからなんだよね。丁寧に作られてるとか凝ってるっていうのは他のザキさんの曲にも色々ある。(ちなみに、多胡さんの曲は心から湧き出るメロディーって感じただけに多胡メロ独特の丁寧さを感じる。)
でも、原さんのメロディーは丁寧に仕上げた結果生み出たメロディーが凄く完成度高いと思うんだよねー。
ぐりったーもBorn~同様、突き抜けた明るい曲で、小室サウンドとポップスを組み合わせた曲だと思うけど、ちゃんとそれぞれの違いがハッキリ出てるというか1曲1曲が完成されてるなぁと思う。
そりゃね、別の曲なんだから違いがあったって不自然なことではないけど…
ただ、例えばDAIのAUDIENCEとWE WISHは通じるものありながらも、区別性が出てると思うけど、AUDIENCEとflowergarden比べると若干被ってるかなーという気がする。いや、完成度低いっついう訳じゃないけど、なんつーか良くも悪くもDAIサウンドだな、というか。
ロック  *  URL[編集] 【 2009/12/04 01:48 】
---  ---

そんな訳で、Born~もぐりったーもメロディーが完成度高くて惹かれたよ。自分の好みだしクオリティも高いと思うのは、まりおねっとを初め、さっき挙げなかった曲全てw
特にStartin',Curtain callは素晴らしい!Sは、洋楽のようなでも決して完全にそうでなく日本的な要素もあり最終的にはれっきとしたJ-POPに仕上げてる。あ、そういう意味ではすぱーくると共通してるかも?てか、ここまで言っといてアレだけど俺、洋楽はさっぱりなんだよね~…。前に、マドンナとかビヨンセとかブリトニー聴いてみたけど全くもって受け付けんかった…(^_^;)そんなこともあり普段洋楽全然聴かないし知識もないから今回洋楽的要素あるって言ったのは完全にイメージってか勘です(笑)。
それでS話に戻りますが(^_^;)故に誰にも真似出来ない「原一博」ってジャンルを確立してると思う。勿論、人にはそれぞれ個性あるけど、ジャンルを確立してるとまで思うのは数少ないね。
Cは、これも小室バラードに通じる気もすれば、ZARDの曲にも似てたりして…。要するに、90年代サウンドをまとめたようなメロ。小室バラードは結構好きなのあるし90年代前半B-ingは大好物だからねー。これらを集約したメロに俺がハマらない訳がない!つぼったーすぎる!あ、90年代エイベとB-ing足して2で割ったイメージは、NEXT LEVELにも感じた。
後は、criminalも好きな曲調だね。ま、まりおねっと好きならこれも好きなの納得かもw
原さんってかつてはバンドやってたんよね。そのコンセプトが歌謡曲バンドだったそうな。それ聞いて納得したなー。原さんの曲に洋楽的要素あるならそこと歌謡曲要素があるから日本的になるんだろなぁと。実際そのバンドの曲はまさしく歌謡ロックだったYO!てか、B'zに似てたけどw
ちなみに、原さん作曲のキンキの「面影」って曲、思い切り歌謡曲っす。

みらーくるに触れたけど…
のび太って作曲はとーきんとかえなじゃいずとか大好きなのあるしアレンジャーとしては凄い才能だと思うけど…。みらーくるとろーりんはザキさんの曲で個人的に唯一と言っていい駄作
アレンジよりメロディーがショボ(ry。
ザキさんの曲で好きじゃないのは色々あるけど駄作と思うのはこれだけ…

DAIネタって↑で書いたのじゃなくて別に用意してた話があったんだけど…長すぎるから次回!←まだ続けるん?

ロック  *  URL[編集] 【 2009/12/04 02:34 】
--- >ロックさん (^O^)/ ---

いや~、いくら歌謡曲好きとはいえ、山口百恵や太田裕美まで出てくるとは…(゜∀゜)
このコメだけ読んだらロックさんの年齢、絶対に2.5倍くらい年上って思ってしまうで(^_^;)
このあたりになると僕もよく知らない世代やのに…なぜにそんなによく知ってるのか!? 世界七不思議やね、もはや(^_^;)

しかも、指摘箇所が非常に細かい(笑)というか、すごい「ここ!」っていう数秒がきっちりあるんやネ~!♪(゜o゜)

ロックさんの言わんとするところはだいたいはわかるYO!(^_^)v
歌謡曲ってやっぱり、大げさに言うと、日本人の遺伝子に代々組み込まれた琴線に触れる部分にピタッ!とくるようなメロになってるんよネ~!
どんなに時代が変わって、新しい音楽が台頭してきても、結局大ヒットする曲、世代を超えて受け入れられる神曲っていうのは、そういう歌謡曲メロのエッセンスが絶対に入ってると思うな♪
しかし…FとGは相当好きってのは前から聞いてたケド、マリオもそんなに好きやったんやネ~!!(゜∀゜)
ちきまく  *  URL[編集] 【 2009/12/06 22:29 】
--- >ロックさん (^O^)/ ---

二つ分のコメ返を一気に!!(^O^)/

ロックさん、『Born To Be...』出た当初はあんまり好きじゃないって言ってたと思うんやケド、このコメだけみたらかなり好きなように感じるお♪(^_^)

他の人の曲なら絶対に聴かない、好きにならないやろなあ、って系統の曲でもayuの曲やと不思議と受け入れられるし、聴いてると心地良くなってくる、ってことはよくあるよネ~!♪(^_^)v
アンチに言わせたら「それはayuファンやからや! お前らayuヲタは、ayuの曲ならどんな曲でもイイ曲なんやろ~?」ってことになるんやろうケド、それは違うよネ!
ロックさんもayu曲の中でも書いてるような苦手な曲、好きになれない曲、駄作と思える曲まであったりするんやからネ!
決して盲目になってるわけじゃなく、確かにayuの場合、よく作りこまれてるし、アルバム曲なのにシングル以上に人気の曲が多いことからもホンマに完成度高い作品が多いよネ♪

ハハハ、いや~俺も一緒で洋楽は非常に弱い…(^_^;)
昔はまだわりと聴いてたケド、最近はもうほとんど疎遠になってるなあ…(^_^;)

『NEXT LEVEL』は懐かしい感じが実に心地良いよネ~♪
タイトルと中身のこの一見アンバランスさが実にニクイ!!
普通あのタイトルやと今はやりの系統を想像しちゃうもんネ(^_^;)

『criminal』は俺もかなり好きなんやケド、これロックさんが好きとは意外やったな~!(゜o゜)
これ、一回ライブでやってほしいなあ…。

ハハハ、相変わらず『ミラワ』には厳しいお言葉が…(^_^;)
ちきまく  *  URL[編集] 【 2009/12/06 23:44 】
--- 管理人のみ閲覧できます ---

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  *  [編集] 【 2009/12/07 01:34 】
--- 管理人のみ閲覧できます ---

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  *  [編集] 【 2009/12/07 03:36 】
--- 管理人のみ閲覧できます ---

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  *  [編集] 【 2009/12/07 04:09 】
--- 管理人のみ閲覧できます ---

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  *  [編集] 【 2009/12/07 04:33 】
--- >【2009/12/07 01:34 ~04:33】のコメの方 (^O^)/ ---

これはまた興味深い話をありがとうございました m(__)m

一つの作品が世に出されるまでには本当に色々なエピソードがあるもんですネ~!(゜o゜)

「すべては必然なことばかり」だったのかもしれませんが、一つ何かが違ってたら、今とは全然違う形になってたのかなあ、と思うと運命的なものを感じるし、不思議でもありますよネ~!

ayuの作品の場合は他のアーティストのそれと比べると特にそのあたりの背景的なエピソードが滅多に明かされることないし、ayu自身も多くを語らないので、知らないこと、わからないことが多くて、何かのきっかけ等でそういうのを知ったらビックリすることあるし、また逆に妙に納得することもありますよネ~!!(^ω^)

ここではあまり具体的なことは書けないので、またそのうち携帯の方ででも…。
(↑ ホンマかいな! (^_^;) )
ちきまく  *  URL[編集] 【 2009/12/09 23:13 】
--- 脱線しまくりのコメント ---

…気づけば、この記事に初めてコメントしてからもうすぐ1カ月…
ちきまくさんが丁寧にレスしてくれるからつい調子に乗って…、終わんないよ?(爆)

では、今日も早速本題へ。
まず、俺が昔の曲を知ったルート。
①親が音楽好きで、子供の頃から70~80年代の曲を車でかけてた
②歌番組で懐メロ特集とかあるでしょ?
昔「歌の大辞テン!」って番組やってたの知ってるかお?あれとかで、昔の曲知った
③キンキが、歌謡曲の雰囲気満載な曲を歌ってるので、それ聴いて「あ、俺昔の曲好きかも…」って思い、それからツタヤなんかで歌謡曲コーナー行って昔の歌手のCDを色々レンタルした
こんな感じで、今に至ります。
今は、かつてレコードだったものをCDとして再発してるからね。探そうと想えば結構昔の曲を聴く機会はあるはず!ただ…、どうしても今の若者(爆)は今時の曲が主だからねー。同世代にこの話題振っても知ってる奴はそうはいないねw
てか、俺らの世代って90年代をフルで一応知ってるギリの世代らしくてさ…
後輩は、DEENとかT-BOLANとかFIELD OF VIEW?WANDSあたり知らないっていうからねー。これは、かなり衝撃だったよ;;
中山美穂&WANDSの「世界中の誰よりきっと」なんて俺ん中での1位、2位を争う曲だし、今↑で挙げた人達は全員ビーイング所属でさ。他にも、ZARD、TUBE、織田哲郎とか俺の好きな90年代アーティストほぼビーングだったからねー、90年代ビーイングは俺的にはネ申!だからさぁ、この頃を知らないってのはたった何年か生まれた年が違うってだけでこんな差があるかと思うと色んな意味でショックだったわ;;
にしても、90年代のビーイングはほんと凄かったな…。特に、92年~95年なんて週間ランキングの中にビーイング所属が何人もいたからねー。
ZARD「負けないで」「揺れる想い」DEEN「このまま君だけを奪い去りたい」「瞳そらさないで」大黒摩季「チョット」「ららら」FIELD OF VIEW「突然」T-BOLAN「すれ違いの純情」TUBE「あー夏休み」「夏を抱きしめて」BBクイーンズ「おどるポンポコリン」B’z「愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない」織田哲郎「いつまでも変わらぬ愛を」
これ全てビーイング所属だもん!!
しかも、殆どがオダテツ作曲ってところから、当時のビーイングはかなりオダテツ依存してたね。90年代後半のエイベ小室さん依存は、ビーのオダテツ依存の影響を受けた部分もあるんじゃないかな。90年代前半はビーイングの時代と言っても過言ではないよね。
にしても、本来自給自足のバンドにまで提供してたんだよなぁ…。そもそも、オダテツ自身も元々シンガーソングライターだけど。
あ、ちなみに「はじめてのおつかい」でよく流れるどーれみふぁーそーらしどー♪って曲知ってる?あれも、BBクイーンズが歌っててオダテツの作曲!
ZARDというと、↑で挙げた2曲とマイフレンドが特に有名だおね。俺もこの3曲は勿論好きだけど、「君がいない」って曲がめっちゃ好き!!
これ、一応80万枚のセールス叩き出してるものの「負けないで」「揺れる想い」の間にリリースされた曲だから、この2曲に隠れた形になってしまったんだよね(汗)。後、失恋の曲だから「負けないで」の応援ソングの印象が強くてらしくないとそこまで評判は上がらなかったみたい。でも、これ聴いた時もの凄く感動したなー。失恋ソングだけに歌詞もせつないけど、こんな切ないメロディーない!!でもって、坂井さんとの声の相性もバッチリ!!
あ、でもこれカバーなんだけどね。原曲はこの曲の作曲者?栗林誠一郎の曲を坂井さんが女性目線に詩を書き変えて歌ったもので…。彼、作曲家としても活躍してて他にも沢山ZARDに提供しててね。個人的にも90年代の作家の中で、織田哲郎に次いで大好きな作曲家でございました。
…ちきまくさんは、前にベスト借りてるからこの「君がいない」は知ってるよね?
ちきまくさんのZARDで1番好きな曲って何すか?
俺は…、マイフレンドだな。←「君がいない」じゃないんかい!
いやー、浜崎あゆみのファンだと特に好きな曲挙げるとアルバムが多く出てくると思うんだけど、ZARDファンの特に人気ある曲は、「負けないで」「揺れる想い」「マイフレンド」と一般的に知名度ある曲なんだよね。織田曲と栗林曲どっちが好きか?て質問見た時にも、織田曲と答えてる人のが多かったしね。
栗林さん作曲は、シングルA面での登場は少なく、殆どアルバムかカップリングでさ。ま、単純に織田曲のがメジャー調でシングル向けだったからってのはあると思うけどビーイング側もそういうファンや世間が求めてるものを知ってるってのもあったかもなー。ざーどファンの場合、爽やかな曲が好きみたいだし。
俺だって、栗林さんの曲は大好きとは言え「君がいない」より最終的にベストソングに「マイフレンド」選び、栗林曲と織田曲どっちが好きか?と聞かれたら…強いて言えば、織田曲だからね!
マイフレンドはほんと、J-POP王道でありつつ、オダテツにしか作れない名曲だと思うわぁ。1曲の中にメジャー要素とマイナー要素が混ざり合ってるっていうか…。でもって、そのバランスが絶妙だと思う!
にしても、栗林さんってZARDに提供したの46曲もあるのに、シングルメインは7曲…。ま、ザキさんでいう湯汲氏のようなもんだねwそれに対しオダテツは提供数全21曲中シングルメインは15曲…。
てか、湯汲サン…
もうすぐ織田氏がZARDに提供した曲数抜いてしまいそうではないですか!!
これ、凄いわ…。
だいたい、ZARDは作家陣そんなにいなかったからなー。
湯汲氏の提供数記録も凄いんだけど、ZARDの作家陣では、シングル主のオダテツが1位だけど、ザキさんだと殆どシングルメインにならない湯汲曲押し(ま、菊池サウンドと同率だけどね)ってことから、俺はザキさんの曲ではマニアックなのが好みってことだわなw
浜崎さんのファンでも、好きな曲挙げると湯汲曲の割合が高くなるって人、結構いるんじゃないかな?特に、バラード好きな人はね。何しろ、湯汲氏のファンサイトあるしねー!
でも、好きな作家のランク見るとやっぱDAIって答えてる人が多いな…。

で、湯汲サウンドの魅力をもうちょい触れたいとこだけど…それはまた次に回します。
ってか、いつも脱線しちゃうんだよな;;
でも、最後に1つ!
ちきまくさん、山口百恵のプレイバックpart1知ってる?
これ、part2のが断然有名だけど俺はpart1のが好きなんだよね!
1はうちの親でも知らんかったわ…;;
ちなみに、馬飼野氏作曲です。
ロック  *  URL[編集] 【 2009/12/10 03:20 】
--- >ロックさん (^O^)/ ---

親の影響ってのは確かにあるよね~、大きいよネ♪ (^ω^)

俺の場合は何かな? 最初に音楽に目覚めた(興味を持った)のは映画がきっかけかな?
映画でメッチャ感動して、もう何回も繰り返し観た大好きな映画があってネ、その劇中に使われてた曲たちがまた最高に良くて、そのサントラ盤を買って…ってのがきっかけかな?

そういう映画が2作くらいあったんやケド、それは両方とも洋画でね…
当然歌ってるのもあちらの方で♪
だから高校に入るくらいまではほとんど洋楽しか聴いてなかったんよネ~!
(今では考えられへんケド…(^_^;))

今回は『ZARD』ネタで来ましたか!(゜o゜)
「君がいない」もちろん知ってるお♪(^_^)v
イイ曲やよネ~!!
メロディももちろんイイけど、アレンジがまたイイんよね~!!(^ω^)

そうやネ~、まあayuやチャゲあすほど詳しくないってこともあるんやケド…
ZARDやと好きな曲はシングル曲になってくるな~、やっぱり♪

「プレイバックpart 1」?(?_?)
いや~、知らんかも? (^_^;)
そりゃあ、「part 2」っていうくらいやから、「part 1」もあるんやろな~…(^_^;)

やはり懐メロでもロックさんには敵えへんわ…(^_^;)

↑あんなに一杯コメしてくれたのに、今回は気の利いた?ちゃんとした?コメ返出来ずに ご~めんたむ m(__)m
ちきまく  *  URL[編集] 【 2009/12/14 02:17 】
--- 管理人のみ閲覧できます ---

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  *  [編集] 【 2009/12/14 23:56 】
---  ---

いやいや、俺の独り言みたいなコメントに付き合って貰ってるんだからそれでも、レスしてくれて感謝です!!

映画に影響を受けて、かー。それ、分かる!俺も、好きなドラマの影響でその主題歌が好きになったり、サントラも買ったりしてたよ。
ただ、勿論その中にはその楽曲自体が好きになって聴くこともあったけど、単にドラマが好きだからそこで使われてた音楽を聴くことによって名シーンを思い浮かべたり、作品を観る以外でも違う楽しみ方したくて劇中音楽を聴いたりもしてたなー。
ちなみに、劇中音楽に初めて興味を持ち、俺がドラマにハマったきっかけでもある作品はキンキのだったり。「若葉のころ」って知ってるかお~?主題歌は、ビージーズのファースト オブ メイ。これ、別の映画にも起用されてたけどね。もう、ほんとこのドラマ好きでさぁ。今のやつって殆どが1話完結だけどこれはその時代には主だった連続性ある作品だったから次どーなるんだろ?て思いながら観てたなー。濃い内容ながら単純に面白いと思える作品で。今なかなかこういう系統のには出会わないなぁ。ただ…ちょっと前に久しぶりに見たらさすがに今の時代には合わねーなって思ったけど(^_^;)
あ、ちなみにそれ1996年のだけどさすがにリアルタイムで観てた訳じゃないっす(^_^;)再放送ね。

おー、やっぱりちきまくさん「君がいない」知ってましたか!ZARDって、シングル曲の印象が強い人には多分意外と思われるだろうけど、マイナー調のロックがデビュー当時はよくあったんよね。ザキさんでいうドンリブ系。後、まりおねっと系も初期は結構あったなー。↑のザキさんの曲が好きなら恐らくZARDのそれ系統のも好きかと思われ…。で、ちきまくさんに渡そうと前にダビングして結局未だに出来てないというね。いつかそのうち…←いつかっていつやねん

おっと、ちきまくさんもブレイバックpart1は知らないっすか!やっぱこの曲有名じゃないんだな(笑)何故にpart2だけ有名になったんだろね~。俺の場合、リアルタイムで聴いてない分、どの曲が有名かとかまでは知識ないから…(^_^;)
ロック  *  URL[編集] 【 2009/12/15 00:18 】
--- >【 2009/12/14 23:56 】コメの方(^O^)/ ---

う~ん、そうなると3曲ともバラードという、稀に見るスゴイsingleになるNE~! (゜o゜)
ま、僕はayuのバラード大好物なので、もしそうなっても全然問題nothingですが!(^_^)v

『Life』!!そんな曲がキタらもうたまりませんな~!!
でも、どんな曲にしろ『RED LINE』は『Life』同様、アルバムには収録されなさそうやよネ~…(^_^;)
ちきまく  *  URL[編集] 【 2009/12/16 23:11 】
--- >ロックさん (^O^)/ ---

『若葉のころ』…見たかな~?と思って調べたら…
残念ながら見てなかったみたい…(^_^;)
『人間・失格』は見たんやケドね~…(^_^;)
しかし!主題歌の『First Of May(若葉のころ)』はメチャクチャよく知ってるお!!(^O^)/
そう!何を隠そう、この曲が使われてた映画というのはイギリスの『小さな恋のメロディ』!!
前のコメ返で言ってた、「大好きで何回も観た映画が2作くらいある」って言ってたうちの一つがこの『小さな恋のメロディ』なのです!!(^O^)/
そして!「音楽に目覚めるきっかけになったサントラ盤を買った映画」ってのも、この『小さな恋のメロディ』!!(^O^)/

もうさあ、この映画、超大好きやってネ~、今観ても絶対にまた感動すると思うわ♪(^ω^)

そして、映画の中で多数使われてた曲を歌ってるのが『ビージーズ(The Bee Gees)』やったんよネ~!!(^ω^)
この映画に使われてる彼らの曲はそれはもう『神曲』のオンパレードで♪
『First Of May(若葉のころ)』も超大好きやケド、それを更に超えるほどにギガント大好きなのが『Melody Fair』に『In The Morning』♪
『Melody Fair』は僕の音楽のルーツだお!! (^O^)/
もしまだロックさん、聴いたことなかったら一度ぜひぜひ聴いてみて!!
絶対に超オススメやから!♪
映画『小さな恋のメロディ』のサントラ盤を借りたら入ってるから♪
(もちろん『You Tube』とかでも聴けるケドね♪)

あ、そうそう…そういえば…
まだ『ZARD』のCD、もらってなかったネ…(^_^;)
あの~、『チャゲあす』のCDの感想もまだやったなあ…(^_^;)

て変なこと思い出させてしまって、プレッシャーかけてしまったかな?(^_^;)
ま、期限があるわけでもないし、気長にいつまでも待ってるYO~!♪(^O^)/

(今回は『若葉のころ』と『ビージーズ』ネタでテンションめちゃ↑↑になってしまった…(^_^;) )
ちきまく  *  URL[編集] 【 2009/12/17 00:24 】
---  ---

いやー、何度も言ってしまうけど、湯汲作曲のび太編曲ならもうそれだけで間違いない!
湯汲氏作曲なら、まずメロディアスな曲であることは間違いないだろうね!

俺としては、JEWELに近い曲な気がしてきたお!
アレンジはJEWEL程シンプルじゃなくもっと王道な感じで♪

なんやかんや妄想膨らませてる間に、気がつけば早ければ後1週間で手に入るかもね!発売日前日には入荷するだろうから遅くても後10日後!!
ロック  *  URL[編集] 【 2009/12/18 05:08 】
--- >ロックさん (^O^)/ ---

メロディアスな曲!!
うん、きっとそうに違いないおネ♪(^ω^)
そういうタイプは大歓迎やよネ!♪(^_^)v

『JEWEL』のような曲!!
イイすな~! イイすよ~!♪(^ω^)
期待はどんどん膨らんじゃうネ~♪

お~!そっか~!(゜o゜)
まだまだ先と思ってたのに気がつけばもう来週にも!!って時期なんやよネ~!! (゜∀゜)
ちきまく  *  URL[編集] 【 2009/12/19 03:15 】
---  ---

おー、それは奇遇すなーーー!!>ファースト オブ メイ
小さな恋のメロディ、若葉のころを通してこの作品も存在は知ってたよ。
ちきまくさんが言ってる曲、多分聴いたことあるかも。。でも、英詞だし説明できない(笑)。でも、今度ちゃんとじっくり聴いてみます!!

人間・失格も1度見たら忘れられん作品だよね~。
何しろあの暗さ!!
でも、若葉のころもそれに負けないくらいの暗さだったYO。
てか、設定が人間失格と似てたな。
剛が貧乏だけど勉強出来て、光一が金持ちの息子で。そんなイメージなんだろーねw
で、若葉のころでも剛がイジメに遭うってところも共通してたなー。
若葉のころでは、剛と光一が異母兄弟でね。途中、剛が育ての父を刺しちゃったり(正確には、義理父からナイフ持ち出してきたんだけど)2000年くらい?から韓ドラが流行りだしたけど、これこそ韓流ブームの最先端かもw
でさ、このドラマのサントラにFIRST OF MAYのオーケストラver.とか色んなバージョンが収録されてていい感じなんだよねー。ってのも、何しろドラマとめっちゃ合ってたから!!
ほんと、名作です。機会があったらドラマも是非!!

ちゃげあす…、せっかくだからちょっと感想書きまっす!
まずね、初めて聴いた時は、正直掴みどころのないというか…、あのあすか独特のメロディ展開についていけずすーっと入ってこないのが多かった;;
なんつーかさ、ここがこうくるなら、次はこうなるんじゃない?ってところがそうならなかったり…。でもって、その音が独特なんだよねー。間違いなく、あれはあすかにしか作れない音だわ。
でも、やはり元々フォークデュオだけあってまさしく歌謡曲全盛期に結成されたから、俺のツボを突いてくる音は多々あって♪
1番好きな曲はね、21世紀!
後は…、HIDARIMEが感じてる、TWILIGHT ZONE、棘、魅惑、迷宮のReplicantあたり。
ここに挙げたのは、よく聴いてるお!
聴きだした当初は、ほぼ毎日聴いてたなぁ。今でも、結構聴いてるし。←じゃ、もっと早く感想言わんかい!
最初、ちきまくさんがチャゲアス好きって聞いた時は、浜崎あゆみとは全然かけ離れてるなーっていう印象だったけど、21世紀はザキさんが歌ってそうな感じもして「あー、やっぱ共通点あるなー。」って思った!特に、Aメロは初期のアルバムに入ってそうな。
この曲は、彼らの原点がフォークだけあってフォーク王道なメロディラインだおね!うん、すーっと入ってきた。浜崎あゆみに聴きなれてるって意味でも、懐メロ好きって意味でも。
他に挙げたのは、マイナー調かつアップテンポ、ロックアレンジ。
基本、マイナー調ながらアップテンポな曲が大好物です。ザキさんでいうところの、ドンリブ好きってところからそれはお分かりかとw
なんで、この懐メロ要素たっぷり(ま、実際かなり前の曲だけどね)でマイナー調ながらアップであるというこの曲達はまさしく自分のストライクゾーンでこれもすぐにすーっと入ってきましたわ。うん、間違いなくつぼったーーです!
↑に書いた通り、独特のあすか節があるんだけど、それだけでなくいわゆる70~80年代王道サウンドをしっかり捉えてるところが、この時代の音楽が好きな人なら誰もが自然と入ってくるんじゃないかな。そのバランスが彼らが長く支持された理由の1つじゃないかなーと偉そうに言ってみる。
チャゲアスは、もらったCDに収録されてる以外の曲はあまり詳しくないけど、ちきまくベストを聞く限りでは、そう感じたお。
各曲についてもうちょい触れると、HIDARIME~は、サビメロが凄く好きなんだけど…
Bメロの男の視線なら~♪の後のサウンド!!←あれ、何の楽器かお?;;
それと、サビ前の投げかけたら投げかけたら♪がキャッチーで好きっす!
トワイライト~は、Aメロとサビの締め(心の炎消ーえてはいな~い~♪)のメロディがつぼったー!棘は、Bメロが1番好き。別れのと~げを~♪
魅惑は、AメロBメロサビメロ、アレンジ全てがつぼったーー!!
迷宮の~は、Aメロが好きです!

メールでもちょっと触れたけど、アスカ氏の声がイイっすねー。渋さと色っぽさがあり、そんでもって透き通った声。味のある声だおね。
昔から、渋い男性ボーカリストが好きだったりしてね。
特に、エレファントカシマシの宮本さん!!
彼のボーカル好きなんだわ。
あの荒々しくも落ち着いた中年男の哀愁感たっぷりで!!
特に、96~99年あたりのエレカシの曲が大好きでさー。その当時、小学生だったけど1番好きなバンドがエレカシだった!どんだけw
でもって、今でもこの頃のエレカシの曲はよく聴いてるんよね!
一時期、歌番組にも頻繁に出てたし名前は知ってると思うけど、ちきまくさんはエレカシの曲まともに聴いたことあるかお?
「恋人よ」って曲はもうめっちゃオススメだお!!←アルバム曲だけどね
…って、話それたけど;;浜崎さんも正統派なアーティストではあると思うけど、まぁこれは異性だから仕方ないかもしれないけど、彼女の曲を聴くって意味でも異性に求める癒しを彼女の曲に求めたりする故に、どうしてもスイーツ的存在になりがちなんだよね~…。
だから、あまり聴きすぎると…メインディッシュを食べたくなるみたいな感覚で、しぶーい男性ボーカルを聴きたくなって、そういう時にチャゲアスやエレカシをよく聴くお。やっぱり、渋さは浜崎あゆみは持ってないからね;; それは求めたところで男性には叶わないから浜崎さんにそういう渋さは求めてないし。

おっと、結構長くなってきたんでとりあえずはここまで;;
ま、書こうと思ってたチャゲアスネタは殆ど書いちゃったけどね…;;
とりあえず、もっとほかの曲も聴けば、ちきまくさんの特に好きなアーティストの中で浜崎さんの次に好きなのは、チャゲアスかもなーという気がする。
ロック  *  URL[編集] 【 2009/12/19 07:30 】
--- >ロックさん (^O^)/ ---

『小さな恋のメロディ』のサントラ盤、聴いてみてな~!♪(^O^)/
絶対にイイで~!!
ビージーズはもちろん最高やケド、一杯入ってるインストもスッゴクいいからNE~!♪(^O^)/
ついでに映画自体も機会あったらぜひ見てみて~!! (^ω^)
イイお~!! ホンマに♪ (^ω^)
『若葉のころ』も機会あったら見とくNE!♪(^O^)/

お~、チャゲあすの感想、ココで来たか~!!(゜o゜)

ロックさんのお気に入り曲は、どれも何とも渋い、コアなファン好みの曲ばかりやNE~!! (^ω^)
『21世紀』が一番とは意外!!(゜o゜)
この曲さあ、最初はあのCDに収録予定じゃなかったというか、入れるか迷ってたんよネ~…(^_^;)
収録時間の関係でギリギリのところで採用になったという…(^_^;)
いや~、よ~入れといたことやな~!!(^ω^)
あと挙げてくれた5曲!!
コレ、どれも最高やNE~!!(^O^)/
俺もこの5曲は全部超大好きsong♪
『HIDARIME~』のあの楽器はシンセ音やね、コンピューターで打ち込んだサウンドやと思うよ♪(^_^)
でもこの5曲、もうず~っとライブではやってない曲も多くて…(T_T)
『棘』と『魅惑』は25周年記念の一夜限りのスペシャル野外LIVEで、ホンマに久々に披露されただけやし…(T_T)
『迷宮の~』は去年のASKAソロ(シンフォニックコンサート)で久々に披露されたっけ♪
来年の2月のLIVEで、何曲か披露されるとイイんやけどなあ…どうかな~?

そうやね~、ASKA独特のメロディラインってあるよネ、何とも不思議なメロディの進行、コード進行♪
先の読めない展開というか、意外な展開ね(^_^)v
でも、あれは結構癖になるYO~!!
慣れると実に心地良くなります(笑)

あ、もしアレやったらCDLのときにでもASKAソロのmy BEST作って持っていこうか?(シングル以外からのベストね)
ちきまく  *  URL[編集] 【 2009/12/21 02:39 】
---  ---

おっと、21世紀は当初収録予定じゃなかったんすか!いやー、収録ありがとごじゃいまーーす♪(笑)
ザキさんの曲でも、Fとかどっちかっていうと世間的に影の薄い曲を好んでるだけのことはあるなーと、ちきまくさんの返信読んでて思ったよ。
基本、こういう位置づけのを好むんでるだねー。
でもさ、まぁ勿論ナマで聴きたい!っていう想いはあるんだけど、そういう位置づけのを好きになるとなんか得した感あってテンション上がるんですわ!
だから、Fもここまで来たらむしろ、まだナマは解禁しないでクダッサーーイ!!って思っててね。

おー、マイベスト!!それは、嬉しいYO!お言葉に甘えさせてもらっていいですか?
じゃあさぁ、実はリクエストがあってさ…
前にここで、初期の曲の演歌フオークって言われた曲を何曲か挙げてくれたでしょ?その曲聴きたくて、ツタヤや中古で売ってないか探してみたんだけど…、そこら辺の曲が入ってるアルバムが見当たらないんよね~;;だからさ、もしよかったらその曲を収録してくれたら非常に嬉しいんですが…。って言っても、挙げてくれたのはあすかソロじゃなく、チャゲアスでの曲だったけどね、然もシングルだおね(汗)
テーマ外れで勝手言って悪いんだけど…お願いできる?
あ、でもさぁ…カウコンまで後1週間ちょいだけど間に合う? 急かすのは申し訳ないからもしなんなら他の機会でもOKだお!

さて、話題変えるけど…
前々回のコメントについてもうちょい広げます。
湯汲曲は採用数も多く、Moments?JEWEL?walking proud?part of Me?GREEN等「和」という共通点がありながらその部類のには決してマンネリがないというか、良くも悪くも湯汲曲だなーというのがないのが凄いと思う。
しかも、同じバラードでもSecretみたいな思い切りエイベサウンド離れしたのからmomentumみたいなエイベ王道バラードまで書いてて幅広いよね。でも、mの場合エイベっぽさはあるんだけど、どこか桜が思い浮かぶような湯汲氏らしさはしっかり存在してるところもまた凄いなーって。
何しろ、No way?Days?CAROLSあたりの冬の王道バラードは好きだけどつぼったーーまでいかない中、この系統の冬のバラードの中じゃ唯一つぼったーーだもん!!
後、JEWELやMY ALLにも感じるけど、あまーい雰囲気あるよね。この甘さ浜崎さんの声にも見事にハマってて聴き惚れるんだよねー!
ロック  *  URL[編集] 【 2009/12/22 02:52 】
---  ---

後、個人的に感じるのが…
walking~とpart~は、同部類の曲ながら音が違う気がする。
前者は、ひたすら心で書いてる。に対し、後者は心+技術で書いてる気がする。
シンガーソングライターって、自分が今表現したい気持ちをひたすらメロディに表すってタイプが多い気がするんよね。
それに対し、作曲家はメロディを作りこむ。
だから、シンガーソングライターは、心情や個々の生まれ育った風景を染み込ませるのに対し、作曲家は自分の好きな音楽を染み込ませそれを吸収することで自分の音を創り上げるって印象がある。あ、これ前に多胡さんとのび太の違いのコメントにも通じるけど。
GREENは、ほんと技術的要素も感じるけど正統派!って印象。part~は、完全な正統派ってより、メロディに面白みが増すよう料理してるというイメージが。
そんなわけで、wとGREENはシンガーソングライターとしての原理からすれば、バンドメンバー?湯汲哲也の秀作だと思ってる。ま、逆に言うと作曲家の音ではないな…てことなんだけど(^_^;)
勿論、シンガーソングライターも作曲家もそれぞれのよさがあると思うけど、俺はどっちかって言うと作曲家の音の方が好きになることが多いからだと思うけど、シンガーソングライターっぽさを感じるwより作曲家っぽさを感じるpのがより好きっす。
wのバンドメンバーとして秀作と思うのに対して、pは作曲家としての秀作だと思う。
後、初期のは作曲家とシンガーソングライターの中間?的な音なのか、好きなメロディではあるけど若干生ぬるいかな?とも感じる曲もあって。
だから俺、湯汲曲のみのマイベストよく聴くんだけど、彼の作曲家としての成長を感じられて実に心地いい!←なぜに上から?
それに、↑でも触れた通り、バラードでも色んなのあるし色んな曲調あるから飽きないし!
ほんと、バリエーション豊富だなーと思うが、どの路線いっても俺のツボついてくるからなー。相性いいんだろね。
でも、まぁあくまで俺の感覚だけど、Momentsは技術的要素も感じるけど、俺ん中でこれと同じ色を感じるJEWELの方がより完成度高い気がするんだよな。そういう意味じゃ、作曲家としてだけでなく、作曲者としても成長を感じるお。←だから、なぜ上から?
ま、そんな成長を感じてるからこそ、応援してるわけで!
にしても、GREENはバンドの楽曲だっただけに昔から浜崎さんの手元にあったデモから選んだ可能性もあって…
だとしたら、初期の提供曲にはあまりない技術要素が感じられて、故にwよりかは作家っぽいし、完成度も最近の提供曲から劣らないのを選んだ浜崎さんはやっぱ凄いと思うわ!

そんなわけで、ちきまくさんが前にメールで1番好きな作家は強いて言えば湯汲氏って彼を上げたのは、↑に書いたシンガーソングライターっぽい音も感じるって要因は大きいかなーなんて思ってたり。

ちなみに、MomentsとJEWELが同じ色してるって書いたけど…(これ、MY ALLやキスキルにも感じる色だけど)
両曲とも、縹色だと思うんよね!
Momentsはそれプラス緑も入ってるかな。
でもさ、堂本剛が言ってたけど奈良って昔は深緑ってイメージだったんでしょ? じゃあ、やっぱかなりそこの印象を捉えた作品なんだね!(ま、奈良と京都は正確には違うけど…;;
てか、そういやMomentsのPVでザキさん縹色の衣装来てたっけ?もしかして、気づくの遅い??
あ!GREENって、曲のイメージカラーはオレンジだったんだけど…、奈良のイメージカラーが深緑なら、これってまさにピッタリってこと?
だとしたら、すげーーー!!!
…ま、奈良の色には、茜色って書いてあるの見たことあるからオレンジってのも当たってはいると思うんだけどね。でもって、前に湯汲サウンドは夕焼けが似合うって書いたことあると思うんだけど…茜色って夕焼けの例えによく使うらしい。(wikiに載ってたw)
ってことは、この感覚も当たってるってことだおね?(笑)
じゃ、ばらっども…ちゃんと聴いたら「夕焼け空」はまさしく!の可能性大だおね!!
いっつも思うけど、あの方は歌詞とメロディのハマり具合が見事だよなー。
曲の印象を明確に捉えるハマサキさんはネ申!!
そして、同じ「和」でも様々な色の「和」を描く湯汲氏もネ申!!ってことで!
ロック  *  URL[編集] 【 2009/12/22 04:09 】
--- >ロックさん (^O^)/ ---

じゃ今後ロックさん用にCD編集するときはそのあたりの『世間的に影の薄い曲』、いわゆる『通好み(ヲタ的)~笑』の曲を中心に選曲するよう心がけるわ!(^ω^)
(でも、俺も基本、そういう系が好きなんで!)

『my BEST of ASKA』、間に合ったら1枚でも30日に渡すし、間に合わなかった分はまた郵送するNE!♪
2月のライブに間に合うようになるべく早くに仕上げるYO!(^O^)/

チャゲあすの『演歌フォーク』曲集ネ♪
それは初期の頃の曲たちやネ♪
了解しまんた!! (^O^)/
まあ、デビューアルバムからサードアルバムくらいまでの収録曲がそれに当たると思われるケド、じゃこれも俺の独断と偏見で適当にCD1枚分くらい(シングル、アルバム曲関係なく)選曲して作成するネ♪(^ω^)

そうやネ~、一口に『和』って言っても湯汲曲は幅広いよネ~!♪

あ~、『No way...』『Days』『CAROLS』!!
これは俺的には全部超大好きsongやな~!!
こう考えるとやっぱり個人的には夏曲より冬曲の方が大好きsongが多いな~♪(^_^)v
ちきまく  *  URL[編集] 【 2009/12/24 13:46 】
--- >ロックさん (^O^)/ ---

ロックさんの作曲家論もついにここまで来たか~…(゜o゜)
湯汲氏の曲でもシンガーソングライターの音(メロディ)と作曲家としてのそれがある!!(゜o゜)
なるほどな~…スゴイ深い考察やな~!(゜∀゜)

もうここまで来ると、ただただ感心&驚嘆で、恐れ多くて、それに対してのコメ返なんて軽々しく出来ませんお!!(^_^;)

俺もただ、「超大好き!」とか言ってるだけじゃなくて、もうちょっと色々と深く、多方面から作品を考察するべきやな~、と反省…m(__)m

色の連想!
コレは確かにあるよネ♪
ほとんど無色透明な(色をあまり感じない)曲もあるケド、どの曲もたいていは何かの色を連想出来るよネ♪
ライブ行くと、その曲のイメージの色のライトが当てられるからよくわかるよネ♪ (^ω^)
自分のイメージと同じ場合もあるケド、違った色やと、新しい側面に気づいて、次からその曲のイメージや捉え方もちょっと違ってきたりして面白いおネ♪ (^ω^)

しかし、それだけ語れたら、もし湯汲氏と対談出来たら永遠に話は尽きないんと違う?(^ω^)
(…って、緊張して、テンぱってしまって、思ってることの2~3割くらいしか話されへんかな~…(^_^;) )
ちきまく  *  URL[編集] 【 2009/12/24 14:11 】

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。